春スキー2017!奥会津のゲレンデ情報

  • 2017.03.24 Friday
  • 10:08

奥会津でも、陽射しとともにスギが黄色くなってきた今日この頃。

冬場は生活に支障があるくらい積もって困った雪でしたが、スキー・スノボシーズンが終わってしまうとなると少し寂しいですね。


2016-2017シーズンの奥会津のスキー場クローズをまとめてみました!

IMG_7976.JPG

続きを読む >>

花の王国ふくしまキビタンフラワースタンプラリー2017

  • 2017.03.23 Thursday
  • 08:50

最近ツイッターでよく目にするスタンプラリー

花の王国ふくしまキビタンフラワースタンプラリー2017

奥会津でも綺麗なお花が見られますよ。

 

大林ふるさとの山ではカタクリとオオヤマザクラが4月中旬くらいでしょうか。

お花の咲き具合は、観光協会HPやSNSをチェックされることをお勧めします!

_MG_6755m.jpg

この写真は昨年2016年4月14日に撮影した大林ふるさとの山の写真です。

 

こちらは2016年5月15日に撮影した、金山町太郎布高原のアザキ大根の様子。

 

 

プレゼント賞品は?

ホームページをみてみたら、プレゼント賞品に「瀞流の宿かわち」や「季の郷湯ら里」の宿泊券もあるではないですか!

賞品一覧のページへのリンク

 

参加するためには?

専用パンフレットを持って、花の名所に行ってお花を見て、スタンプを押して、集めます。

参加方法のページへのリンク

 

スタンプの種類?

いくつかあって、「春夏共通スタンプ(1p)」「季節限定スタンプ(2p)」「隣県スタンプ(3p)」を集めます。「季節限定スタンプ」を含む3p以上での応募とのことで、集めたポイント数によって応募できる賞の幅も広がります。

 

春夏共通スタンプ」は福島県内の各地方(県北・県中・県南・会津・南会津・相双・いわき)ごとに7種類。

季節限定スタンプ」は春(〜6/30)が7地域で全10種、夏(7/1〜)は相双・いわきを除いた5地域で全5種。

隣県スタンプ」は栃木県・茨城県でそれぞれ。

 

応募期間?

春の応募は7月10日まで、夏の応募は10月10日までにそれぞれ必着だそうですので、ふくしまのお花を楽しみましょう!

 

 

ちなみに、今朝目が覚めた瞬間の三島町は雪が舞っておりましたよ(・ε・)春よ、来い。

 

 

奥会津のスタンプ情報

福満虚空藏菩薩圓藏寺と只見線のしだれ桜

大林ふるさとの山

太郎布高原に広がるアザキ大根の花畑

福満虚空藏菩薩圓藏寺の桜

東北の駅百選「会津柳津駅」SLと桜のスポット

美坂高原のひまわり

高清水自然公園ひめさゆり群生地

前沢ふるさと公園

中小屋の福寿草

ミニ尾瀬公園

蒲生かたくり公園

季の郷湯ら里の「八重桜」

西方の団子まきへ行ってきました

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 11:08

3月20日(月祝)、三島町西方地区の西隆寺で団子まきが開催されました。

 

町内には少し前から張り紙が。

iPhoneImage.png

 

お堂には50名くらいでしょうか、たくさんの人が集まりました。定刻になると、住職から涅槃会についてお話しを伺いました。集まった子供でもわかるように簡単なご説明で、お釈迦様が亡くなるときに5色の光を放ったといわれていることから、お団子も5色あるのだそうです。この団子をいただくと、1年間無病息災などのご利益があると言われています。

iPhoneImage.png

 

お団子と一緒に飴や鈴も撒かれますが、鈴はひとつでいいから、いくつも受け取った人は周りの人をよく見て、とのことでした。

 

西隆寺のお団子はまんまるです。そして想像以上に弾みます。後ろの方に座っている人にも届くようにと投げてもらう団子が、弾む弾む! 戸を閉めた理由がわかりました。

iPhoneImage.png

 

取材に行ったのですが、「ほら、ご利益だから」とお団子をたくさん頂き、おうちに帰って早速いただきました。「フライパンで炙るか、電子レンジでチンして」と食べ方も教えていただきましたよ。

iPhoneImage.png

火にかけると膨らみます。

iPhoneImage.png

渡部麹屋さんで分けてもらったお豆で作ってあった、自家製のあんこと一緒にいただきます!

 

三島町にはたくさんの伝統行事があり、そのたびに無病息災を祈っているかいもあってか、奥会津に来てから病気も怪我もなく元気に過ごしております。まだまだ参加できていない行事もたくさんあるので、これから取材に行けることが楽しみです。

 

 

…食べる前に、お団子があんまりにも可愛かったので、たまには女子っぽい写真を一枚。伝統とはかけ離れた絵かもしれませんが、こんなまんまるにたくさん出会える素敵な一日を振り返る写真になりました。

iPhoneImage.png

三島町の若者単身用町営住宅を見学してきました

  • 2017.03.16 Thursday
  • 17:02

福島県三島町に新しく若者単身用の町営住宅が登場します!

 

1階は車を入れるところで、2階が住居。

2棟で全7戸です。

 

3月15日の一般公開に行ってきました!

 

地場産の木材もたくさん使われており、壁にはスギが、クローゼットは三島町のキリが使われています。

 

広々とした部屋で、天井も高く、木のぬくもりが感じられるお部屋。

 

冬は雪国、春夏秋はカメムシに悩む三島町で、室内に干せる環境も羨ましい!

 

屋根には太陽光パネルが付いており、ここで作られる電気は街灯に使われます。

 

 

この住宅には、電気の使用量を見ることができる装置が導入されます。住んでいる人にとって、いつどんな時に電気を使っているのか見えることで、無駄なエネルギーを使っていないか「気づき」につながるはずです。

↑画面はダミーのものです

 

実際に各家庭での使用状況を見ることができるのは各入居者だけですが、気象情報やRSSリーダーを利用した町からのお知らせ、地域の情報などはスマホアプリを使ってみることができるようになります。

 

集めた情報は国立研究開発法人国立環境研究所が研究に使用して、私たちの役に立つ研究成果として還ってくることでしょう。実施に向けて研究者には足繁く通っていただいて、三島町の良さにも共感いただけていることも嬉しいですね!

 

本格的な始動はもう少し先となりますが、今後システムを使ってローカルな情報共有ができたり、エネルギー利用を見つめ直したりするきっかけとなると良いですね。

 

 

お部屋が見られるのはこの日限り。4月からは若者が入居します。三島町にさらに若い人が増えること、今からワクワクですよ。

 

 

この住宅で行われる研究については、国立環境研究所のホームページで詳しくご覧いただけます。

福島県三島町との環境創生型まちづくり研究に関した説明会開催について

会津ではMy Suicaが作れない

  • 2017.03.13 Monday
  • 23:32

只見線の駅ではICカード(SuicaやPasmo)が使えないことは知っていましたが、今日新たな発見。

 

会津若松駅でもSuicaが使えない。

 

ここまで強く言うと語弊があるかもしれません、厳密には「Suica一部対応駅」となっていて「Suicaの入金(チャージ)残額で乗車できる」そうなのですが。

(私、SuicaのHPでこれを読んでよく理解出来てないのですが、タッチして出られるという意味ですか?)

 

■気付いたきっかけ:

今日は休暇だったのでmy Suicaを作るべく会津若松駅の券売機へ向かったのですが、3台ある券売機どれを触ってもSuicaが買えない!脇にあった小さな張り紙に「SuicaはNew Daysで売ってます」といった文言が。

 

早速New Days(駅のコンビニ)へ行くと、レジの下からSuicaが出てきました。あれ、これMy Suica作れないやつですね?店員さんに訊くと「郡山駅で出来ます」。

 

あぁ、会津ではMy Suica作れないということですかΣ(゚Д゚|||)

 

たしかに会津で暮らしていてSuicaが無いことによる不便さはほとんど感じませんが、自宅から20kmほど先のローソンやウェルシアで使うSuicaにチャージするために、クレジットカードとMy Suicaの設定したかったのですが。都会へ行く日までその夢はお預けです。とりあえず差し出された無記名のSuicaを買いました。

 

 

あまりいないとは思いますが、会津に旅行に来てMy Suicaを作ろうと思っても作れませんのでご注意を。

そして只見線はもちろん、磐越西線でもほとんどがSuica未対応駅なので、会津ご旅行のときにはきっぷのご用意を!

 

鉄道興味ない人には何も面白くない記事でした。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM