April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

三島町・名入ざる菊

ざる菊とは?

ザルを返したような形だから「ざる菊」

一本の株から自然とその形になるそうです。

そうは言うものの、草を取ったり手入れをしてあげないと、その形にはならず、綺麗な形に咲きそろった姿に、手入れをされている地域の皆さんの愛情を感じます。

「名入(ないり)」と言うのは地名。

数年前、名入地区の住民らが中心となり、荒れ地の景観美化をしました。

「名入ざる菊の郷プロジェクト実行委員会」が立ち上げられ、苗木の育成から取り組み、現在は県内外の観光客を楽しませてくれています。

 

こちらが今年(令和元年)のチラシですが、

チラシに写っているこちらの変わった実も見る事ができます。

(許可を頂き敷地内から撮影)

ざる菊は色によって咲く順番があり、白と紫が最後に咲くのだとか。

作業されている地域の方に、お話しを聞くと荒地だった当時の事など教えてくれますよ。

 

詳細はこちら

三島町観光協会

http://www.mishima-kankou.net/20190926/

「名入ざる菊の郷プロジェクト実行委員会」の活動の様子はこちら

http://www.mishima-kankou.net/20171022/

 

 

pagetop